イ・ビョンホン主演作「甘い人生」の配信

ShowTimeの韓国映画コーナー「韓国映画劇場〜Korean Theater〜」で、イ・ビョンホン主演作「甘い人生」の配信が開始された。

 「甘い人生」は2005年4月に日韓同時公開された韓国映画で、イ・ビョンホンが壮絶アクションに挑戦した話題作。次々と女性たちを虜にした前作「誰にでも秘密がある」から一転、本作でイ・ビョンホンはクールでストイックな男を演じている。

おぉ〜これは確認しなくては〜

 「韓国映画劇場」では、キム・スンウ出演の近未来SFアクション映画「イエスタデイ 沈黙の刻印」の配信を再開し、現在、イ・ビョンホン出演「地上満歌」、チャン・ドンゴン出演「ロスト・メモリーズ」、チャン・ツィイー&チョン・ウソン出演「MUSA -武士-」を含む全6作品を公開している。

 配信は2Mbps・500kbps/Windows Media。利用料は420円で、コンテンツの購入にはShowTimeへの入会(月額294円)が必要となる。


(提供:ライブドアニュース

イ・ビョンホン 初恋話はナイショ

 韓流スターのイ・ビョンホン(36)が18日、都内のホテルで主演映画「夏物語」(27日公開)の来日会見を行った。初恋の思い出を胸に60歳を超えても独身を貫く元大学教授を演じたビョン様は「ぼくの初恋?心の中にしまっておきたいので」と韓流コメント。

え〜ビョン様の初恋話ききたい〜〜〜〜〜。

相手役のスエ(26)からは「実は私の初恋の相手がビョンホンさんに似ていた。そのせいか、すんなりと役に感情移入できた」と告白されると、「スエさんは日本で何か話題を巻き起こそうとしているのでは」と照れ笑いを浮かべていた。


(提供:ライブドアニュース

イ・ビョンホン登場のXbox 360「ロストプラネット」、韓国で大人気

イ・ビョンホンが主人公キャラとして登場するアクションゲーム「ロストプラネット」が韓国の次世代ビデオゲーム市場で大旋風を巻き起こし、予約開始4日で売り切れを記録した「GEARS OF WAR」に続く大作の誕生を予告している。韓国ではもちろん、アジア全域で発売前から話題を集めたロストプラネットは、日本のゲーム会社カプコンがXbox 360向けの新作として莫大な制作費と3年という歳月をかけて作った大作だ。

メインキャラクターにイ・ビョンホンなのがいいですね〜。
イ・ビョンホン効果ですね〜。ビョン様様ですね〜。


韓国で発売翌日にXbox 360の大作リストに挙がったロストプラネットについてゲーム業界は、カプコンの並外れたゲームクオリティー、メインキャラクターのイ・ビョンホンのスター性、次世代ゲームをリードしているXbox 360の影響力が生み出した結果であると評価している。

(提供:ライブドアニュース

イ・ビョンホンと藤井フミヤがお気に入りの女優を取り合い?

17日、韓流スターのイ・ビョンホン最新作『夏物語』のジャパンプレミアが、東京厚生年金会館で開催された。主演のイ・ビョンホンとヒロインを演じたスエ、チョ・グンシク監督が登壇したほか、日本版のエンディングテーマ曲を担当した藤井フミヤが登場し「大切な人へ」を熱唱した。

 本作のヒロインを務めたスエは、イ・ビョンホン自らが推薦して抜擢された、いわばイ・ビョンホンの“お気に入りの女優”。チェ・ジウやイ・ヨンエといった有名女優との共演が多いイ・ビョンホンが、映画出演の経験も少なく、日本ではほぼ無名のスエを抜擢した理由について「普段は大人しく内向的な雰囲気ですが、カメラの前に立つとまるで別人のように存在感のある素晴らしい演技をする」と大絶賛し、お気に入りの女優の魅力を紹介した。


ビョン様が、スエのことすきなんて・・・ビョン様ファンとしてはショック!!スエはかわいいから負けますけど〜。
いつまでもみんなのビョン様でいてね。

 エンディングテーマ曲の「大切な人へ」を披露した藤井フミヤも、イ・ビョンホンと同じようにスエの魅力にはまってしまったようで「劇中、イ・ビョンホンさんがかっこいいのはもちろんなんですが、スエさん演じる田舎の少女が……かわいくって! 実際にお会いしたら、こんなにもきれいな女優さんだったので驚きました」と大ファンになってしまったことを告白し、固い握手を交わした。心底スエを気に入っている藤井の様子に、イ・ビョンホンは圧倒された表情を見せながらほほえんでいた。

 東京厚生年金会館の大ホールを埋め尽くした会場からは、終始「ビョンホン シー(ビョンホンさ〜ん)」と呼びかける声が飛び交っていた。そんなファンらの温かい歓迎ぶりに感動したのか、イ・ビョンホンは舞台を退場する際、何度も何度も手を振っていた。名残惜しそうに、振り返る姿に、イ・ビョンホンがファンを大切にする思いと、誠実な人柄がうかがえた。

『夏物語』は1月27日よりシネマート新宿ほかにて公開。
『夏物語』オフィシャルサイト


(提供:ライブドアニュース

フミヤ ビョン様映画で涙ボロボロ

歌手・藤井フミヤ(44)が17日、都内で行われたイ・ビョンホン主演の映画「夏物語」(27日公開) のジャパンプレミアにゲスト参加し、日本版エンディングテーマ「大切な人へ」を披露した。

私も夏物語楽しみです〜。イ・ビョンホンファンならぜひ見なくては!!!と思っています。夏物語の公式サイトみました。 ファンならチャックしないと!やっぱイ・ビョンホンかっこいいですね〜。

事前に試写を見たフミヤは「ハンカチを持っていくのを忘れたんですけど、(涙で)大変なことになりました」と感想。「もちろんイ・ ビョンホンさんはカッコよかったんですけど、(相手役の)スエさんがかわいくて。ぼくも同じように映画を見ながら好きになりました」 と本人を前に“愛の告白”も。

 

(提供:ライブドアニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。